心が揺さぶられる本郷さんのスケート

最近はフィギュアばかり見てます。
全日本選手権では本郷さんのショートがすばらしく、繰り返し見てます。
スピンの時の手の動きがとても美しく、2A(ダブルアクセル)からステップの盛り上がりが特に好きです。
とても感動しました。

フィギュアは芸術の面とスポーツの面とありますが、どちらかと言うと私は芸術的な方に惹かれます。
本郷さんの演技は壮大な曲と素敵な振り付けとが相まって魅力的に仕上がってますね。
十代の選手には出せない艶のある演技と思います。
体力的にも体格的にも十代の選手が有利ですが、こういう魅力的な演技はフィギュア選手として円熟した二十代じゃないと出せないと思いますし、これこそフィギュアの魅力と思うんですが、今はそういうのは評価されてないようで悲しくなります。

ロシアの選手が上位を占めてますが、私は断然日本女子の方が素敵と思います。
ザギトワのショートプログラムは全くスケーティングを見る場面はなく、一体どこで採点してるんだろうと思います。
ロシア選手権では9.00から9.50がついてますけど、謎です。

上の動画で荒川さんが、本郷さんのスケーティングを『スケートも良く滑ってますねぇ』と評してるんですが、本郷さん含め日本女子の選手が滑りながら演技しているのに対して、ザギトワは演技から演技の移動の時にしか滑ってないです。
もはやフィギュアスケートでさえないと思ってます私。
フリーでようやくスケートの形になってるだけ。
ロシア選手のタノの多用もうんざり気味です。
友達にそれを言うとタノを使った方が点数が高く出るからと言われましたが、演技としての完成度は下がると思うんです。
スポーツだから点数にこだわるのは分かるんですが、美しくないと思うんです。
ここぞと言う時に使ってこそ映えると思うんですがどうなんでしょう?

日本女子が評価されて欲しいです。